さまざまな土地活用の基礎知識

駐車場

自由に使用できる土地があれば、ぜひともそれを活用することをオススメします。ですが、土地の活用については、ある程度しっかりとした知識を得ておかなければなりません

今回は、土地を活用する上で知っておくべき、様々な土地活用の基礎知識をご紹介させていただきます。

土地活用をする上で注意するべきポイント

土地の利用が法的に適正かチェック

土地の活用は、不動産が関係した法律による縛りが多くあります。自分が利用したいと思っている方法も、法的に見れば違反をしていたというケースもかなり起こり得る出来事です。そのため、土地の利用が法的に適正かどうかをチェックしましょう。

建ぺい率など基本的なルールのチェックはもちろん、風営法などによって建築してはいけないものがある土地だとか、近隣住民の景観を損ねないかなどの点まで確認しておくと良いです。

良かれと思って行った土地活用法が、違法で不意に摘発されることも可能性はゼロではありません。これらの点は気をつけておいてください。

地域に適した土地活用方を考える

土地の活用方法は一通りではなく、むしろ多様です。そのため、どのような活用を行っていいかわからず、迷ってしまったり、あまり効率のよくない活用をしてしまったりすることがあります。そのような失敗をしないために、地域に適した土地活用方法を考えましょう。

住宅街であれば、駐車場のニーズが高いですし、田舎であれば畑にするなども良いです。その地域に適した活用をすれば、自ずと土地が利益を産んでくれます。

どのような土地の活用法が一番利益を得られるかと考えるのではなく、地域に合ったものほど利益を得られると考えれば良いでしょう。

テナント・貸店舗併用物件の経営にはコツがある

テナントや貸店舗はやや高い賃料で

賃貸物件と同様に、テナントや貸店舗も、そこで事業を行う人から賃料を得るようになります。その場合、テナントや店舗のスペースについては、一般的な住宅よりもやや高い賃料を取るようにしましょう。

これは世間一般的に、事業を行うスペースについては賃料は高く設定されていることが多いため、やや高い賃料であったとしても適正価格として見てくれるからです。ですので、高い利回りを得ることが可能になります。

ただ、その時の景気事情によっては、賃料を上げたり下げたりする必要も出てきます。その点に注意して、社会情勢を見守りながら賃料の設定を行いましょう。

空室対策をより強化するべき

テナントや貸店舗の物件をうまく経営していく上では、空室対策を一般の物件に比べてより強化していくべきです。これは、住居用の物件よりもテナントや貸店舗は借主が移転を簡単にしたり、新しい入居者が入る率が低いかったりするからです。

空室対策を強化する方法としては、前の借主から退去の申し出があればすぐに集客を始めたり、複数の不動産業者に集客を依頼するなどが挙げられます。

たとえ商業地であったとしても、空室リスクは十分あり得ます。気を抜か無いように、常に集客ができるような態勢を取っておくことが大切です。

駐車場ビジネスについての所感

簡単な不動産投資としては良い

土地の活用方法の一つとして、駐車場ビジネスが挙げられます。駐車場ビジネスは、土地を駐車場として他人に貸し出し、その駐車スペース分の賃料を得るものです。

この駐車場ビジネスについての所感としては、簡単な不動産投資として評価ができます。更地にして駐車スペースの線を引くだけでも、駐車場として貸し出すことができますので、初期投資も低く済みがちです。

それに土地以外の物件が無いため、災害や経年劣化によって損壊するというリスクも無いという点もメリットだと言えるでしょう。

大きなリターンは得難い

駐車場ビジネスは、簡単な土地活用方法です。しかし、その簡単さの反面、大きいリターンが得難いというデメリットがあります。

駐車スペース一台分の賃料は、賃貸の住居やテナントの賃料と比べるとかなり低いことがわかります。ですので、初期投資は少ないものの長期的な視点で見てみると、あまり大きい収益が得られないのです。
また、駐車場としての利用をしている場合、固定資産税の支払額が高くなります。このような税制面の負担からも、リターンは少なくなってしまいます。

初期投資のリスクを少なく抑えて、小さく儲けていきたいというようなスタイルを希望される人にとって、駐車場ビジネスは良いのではないでしょうか。

その他、不動産に関しての記事はこちら → 家賃を滞納された時の対処法はコレでOKだと思う

まとめ

土地活用は、物件を建てるものから購入するもの、または駐車場などとして土地だけを貸し出すものまで幅広い方法があります。

今回ご紹介した基礎知識を元にして、数多の土地活用方法の中から、自分の行いやすい土地活用を行っていただければと思います。