不動産管理会社の選び方と、上手く付き合っていくためのコツ

Pocket

契約する不動産会社

不動産投資をする上でお世話になるのが、不動産管理会社です。不動産管理会社は、面倒な管理業務について代行をしてくれる頼もしい存在となります。

しかし、それだけ重要な役割を果たしてくれるからこそ、不動産管理会社は上手く選び、上手く付き合っていくことが大切です。

そんな不動産管理会社の選び方と、上手く付き合っていくためのコツについて紹介していきましょう。

管理会社を選ぶための3つのポイント

地域に根ざしているかをチェック

不動産管理会社を選ぶためには、重視しておくべき3つのポイントがあります。その一つ目として、地域に根ざしているかどうかをチェックしましょう。

地域に根ざしている不動産管理会社であれば、その地域の動きやローカルな情報を得ることができます。そのため、不動産管理において細々とした地域特有の問題の解決などを行うことができます。また、地域の事情を知っているため、賃貸サービスへの助言などを受けることもできます。

名が売れた大手の不動産管理会社も多いですが、ネームバリューではなく、地域力がどれだけ高いかを重要視してください。それが、結果として良い不動産管理会社を選ぶ一つの要素となります。

集客力の高い会社を選ぶ

不動産経営をする上では、入居者に入って貰わなければ元も子もありません。そして入居者に入ってもらう上で、不動産管理会社の集客力は不動産経営においてかなりの影響があります。

ですので、集客力の高い会社を選ぶということも忘れてはならないポイントです。

集客力の高い会社の特徴としては、仲介部門などの集客専門スタッフが居ることなどが挙げられます。また、インターネットを用いて広い範囲での集客を得意としている管理会社も、集客力があると判断できます。
この他にも、集客力を見極める部分はいくつかあります。管理会社に問い合わせをして、集客力の高さを調査した上で管理会社の選択を行いましょう。

対応が早い会社が良い

不動産管理会社を選ぶ基準として、もっと基本的な部分にも着目するべきです。その部分とは、様々なことに対応が早いという点になります。

対応の早い会社は、こちらからの要望に対してスムーズに対応をしてくれます。ですので、全てのことがスピーディーに解決できるので、それが結果として集客率であるとか空室改善に跳ね返ってきます。

それに、早い対処をしてくれるという姿勢は、大家に対しての誠意のある会社とも判断できるでしょう。

不動産管理会社を選ぶ際には、専門的な知識や対応ばかりに目が行ってしまうかもしれません。確かにそのような部分も大切なのですが、仕事の速さなど基本的なことがしっかりとできる会社を選ぶ視点も忘れないようにしましょう。

管理会社と一般媒介又は専任媒介で、上手く付き合うコツ

一般媒介と専任媒介とは

不動産管理へ依頼をする不動産の管理の依頼方法は、賃貸経営者によって変わってきます。ですので、自分が選択した管理方法が上手く軌道に乗るように管理会社と付き合っていくことが、不動産経営の一つのコツです。

その不動産管理会社への管理依頼の種類として、一般媒介と専任媒介があります。一般媒介とは、複数の管理会社に入居者の募集だけを依頼する方法、専任媒介は一つだけの管理会社に入居者の募集を依頼する方法です。

極端に一般媒介と専任媒介の違いを言えば、複数の業者に集客を依頼できるか、単一の業者しか集客を依頼できないかということになります。

それぞれの特徴を踏まえて管理会社と付き合おう

一般媒介と専任媒介は、それぞれにメリットとデメリットがあります。そしてその違いによって、不動産管理会社との付き合い方も変わってきます

一般媒介では、集客を複数の会社に頼むことになるため、信頼関係が築きにくいのが難点です。そのため、依頼をする管理会社と密なコミュニケーションに努める必要があるでしょう。

専任媒介の場合は、信頼関係を築きやすいですが、他の業者に集客を頼むと違約金を支払う可能性などが出てきます。ペナルティを支払うリスクや、本当に専任媒介を依頼してもいい業者かの選択を誤らないようにしてください。

これら、一般媒介と専任媒介の特徴を踏まえれば、管理会社との上手い付き合いをすることが可能になります。

その他、不動産に関しての記事はこちら → 修繕や経年劣化についてのケーススタディ

まとめ

不動産管理会社は、不動産経営をするのであれば欠かせない伴奏者です。あまり良くない管理会社を選ばないようにポイントを押さえつつ、上手い付き合い方を行っていきましょう。

信頼できる管理会社と、上手い付き合いをしていけば、物件の経営の先行きは明るくなります。

Pocket