不動産を購入する時のポイント・注意点1

Pocket

契約更新する夫婦

不動産は大きな買い物です。ですので、購入をする際には気をつけるべき注意点がいくつかあります。

不動産購入で失敗をしないようにするために、その注意点や気をつけておくとお得になることについて紹介していきましょう。

絶対に買ってはいけない物件とは?

耐震基準が古い物件

物件の中には、絶対に購入してはいけない種類のものがあります。その危険物件の一つであるのが、耐震基準が古い物件です。

建築物の耐震制度は、それが建てられた時期によって基準が違います。その基準が変更になっている時期であるのが、昭和56年です。この時期以前に建てられた物件は、建築基準が古いため、地震が起こった時に十分な耐震性を発揮しない可能性があります。

物件を購入するのであれば、それが建てられた時期を確認しましょう。そして、基準の古い悪い物件を掴まされないよう気をつけてください。

周囲の環境が悪い物件

物件はそれそのものだけではなく、その物件がどのような環境の中にあるのか着目することも大切になります。そして、周囲の環境が悪い土地や物件であれば、それを購入するのはやめておいた方が無難です。

周囲の環境が悪い物件としては、近くに工場があったりラブホテルがあったりする物件が例として挙げられます。このほかにも、お墓が近くて景観が悪いとか線路が近くて騒音がするなども含まれます。

このような物件は、買った後に気がつくということも多くあります。物件購入の前には、必ず周囲の環境もチェックしておいてください。

不動産投資が節税になる

不動産購入費を経費として計上できる

不動産投資は、単純に利益をあげるだけではありません。上手くすれば、節税効果を産むことがあります。その節税の一つとして、不動産購入費を経費として計上できるという点が挙げられます。

不動産を購入した場合、建設費や購入費用などによって、多額の資金を支払う必要があります。この支払いを事業の一環として行えば、必要経費として税金の控除ができます。

同じ出費をするのであれば、税金対策となるような方法を行いたいですよね。ですので、上手い節税をするために不動産投資をするという選択肢もありだと思います。

他の税金を抑える努力が必要

不動産投資は確かに節税になることは間違いありません。ですが、ある程度のテクニックを用いてそれを行わなければ、節税にならないというケースもあります。

その点には注意しましょう。

上手く不動産投資を節税に使うのであれば、他の税金を抑える努力が必要です。その他の税金の一つとしては、その購入した不動産で利益を上げた分の所得税が代表的です。

不動産投資は利益を上げてナンボです。しかし、不動産購入当初は固定資産税の税額も高いことから、所得税をそれほど増やさないように、利益を高く上げすぎないという技術も大切になります。

団体信用生命保険とは何か

契約者が不足の事態に陥った時の保証

不動産購入は、とても高い費用がかかるため、ローンを使って購入することが多いです。そのローンを支払っている契約者が、万が一、死亡や高度障害になれば支払い能力が無くなります。このリスクを防ぐのが、団体信用生命保険です。

団体信用生命保険は、契約者が死亡若しくは高度障害になった場合、ローンの支払いを代わりに行ってくれるものです。これは、団体信用生命保険が生命保険会社から保険金を受け取ることによって可能になっています。

不動産購入はしたものの、自分が万が一の事態になった時に家族に支払いの負担をかけたくない。そんな時の保証として、団体信用生命保険は使えるツールです。

特約料が必要

最近の住宅ローンでは、団体信用生命保険への加入が必須という契約内容のものも多いです。では、この団体信用生命保険への加入は、負担はないのでしょうか。その点については、特約料の負担が必要である点を知っておきましょう。

特約料については、年齢や加入年にかかわらず支払い額は加入時から一定です。そして掛け捨てですので、満期時の還付金等もありません。また、特約料については、支払っているローンの金額などによって算出されます。そのため、人によって一律ではありません。

このような特約料の内容ですが、これをかけておくことでローンの支払いの保証は確約されます。ですので、メリットは高い保険だと言えるでしょう。

その他、不動産に関しての記事はこちら → 不動産を購入する時のポイント・注意点2

まとめ

不動産は購入する際に注意をしておけば、節税対策にもなりますので、色々なメリットを産んでくれる資産となります。

また、万が一の保証として団体信用生命保険などの便利な保険にも加入しておきましょう。そうすれば、リスクを少なく、不動産の所有をすることが可能になります。

Pocket